様々な手法で自分を磨いてより魅力的な自分になろう

原因はわかっている

ツルツル肌の男性

加齢臭の原因はノネナール

男性の多くが、40代くらいになると、加齢臭による悩みを抱えるようになります。 加齢臭とは、皮脂が酸化することで発生するノネナールが原因となっている不快な匂いのことです。皮脂は若い人の体でも分泌されますが、若い人の場合抗酸化力が高いため、分泌されてもあまり酸化しません。そのためノネナールは発生しにくいですし、不快な匂いが多く出てくることもありません。 ところが40代頃から男性の体では、ホルモンバランスの変化により、酸化を防ぐことが困難になってきます。そのため、その頃から加齢臭が出てくるようになるわけです。 しかし加齢臭は、ノネナールを除去する作用のある石鹸で体を洗うことで、軽減させることが可能です。皮脂は油の一種なので、水だけでは洗い流すことは困難なのですが、油を分解することのできる石鹸を使えば、しっかりと除去することができるのです。

毛穴の中の洗浄や殺菌

加齢臭の原因となる皮脂は、肌の表面だけではなく、毛穴の中にも多く存在しています。肌の表面と異なり、毛穴の中を洗浄することは簡単ではありません。せっかく肌の表面の皮脂をきれいに除去しても、毛穴の中に皮脂が残っていたのでは、結局加齢臭が発生してくることになります。 そのため加齢臭を除去する作用のある石鹸には、毛穴の中にも入り込み、その奥底の部分からしっかり洗浄してくれるような界面活性剤が配合されています。さらにそのような石鹸には、殺菌作用や抗菌作用のあるポリフェノールも配合されています。皮脂と雑菌が混ざることで、加齢臭の匂いは一層強くなってしまうからです。 加齢臭は特に頭部において発生しやすいので、顔はもちろん頭皮もそういった石鹸で洗えば、加齢臭は徐々になくなっていきます。